作曲を始めたい人がコレだけはおさえておきたいポイント

2014/9/16 更新

作曲を始めたい人がコレだけはおさえておきたいポイント

作曲は、難しいと考えてしまうのではないでしょうか。
楽器やソフトを目の前にしてもメロディが浮かんでこず、頭を悩ませることになるかもしれません。
しかし、作曲は頭を悩ませても、良いメロディが浮かんでくることはほとんどありません。
気楽な気持ちで楽器やソフトをいじりながら楽しむことも、作曲のポイントの一つです。
メロディが頭に浮かんだら、まずは記録をすると良いでしょう。
ボイスレコーダーを使ってメロディを録音すれば、いつでも再生可能です。
いつメロディが頭に浮かんでも対処できるように、ボイスレコーダーを持っておくのもポイントです。
メロディが思い浮かび作曲をしたら、今度は完成品を少しいじってみましょう。
音の高低やリズムを変えてみると、作曲した曲の雰囲気も大きく変わります。
こうして少しいじってみると、思いの外良い曲になることもあるので、気楽に変えてみてください。
作曲のポイントは、深く悩まず気楽に楽しむことです。

さまざまな作曲の方法とこれから

最近ではさまざまなアプリなどを駆使して気軽に曲が作れるようになりました。
その事が音楽や作曲をより身近なものにしたと言えるでしょう。
古くは音楽はピアノを使って作られていた場合が多く、専門の教育や楽器の手ほどきを受けた特殊な才能のある人のみが出来ることと思われていました。
現代でも音楽大学などで理論や作曲法を専門的に学んだ人はやはり有利と言われています。
なぜかと言えばオーケストラなどの沢山の楽器を使った複雑な曲を作るにはオーケストレーションという方法を学ぶ事が必要であり、その技術を学ぶことによってより複雑で音楽の幅の広い曲を作る事が可能になる為です。
最近では各音楽大学に映画や放送音楽の為のコースも設置されている事が多く、そうした所で学んだ生徒が将来音楽業界で活躍するケースも増えています。
そして音楽ではロックやポップスなどのミュージシャンの場合、ギターで曲を作る場合も多くあります。
こうした場合でも素晴らしい曲は沢山作られており、たくさんの聴衆に支持されている曲も多くあります。
また最近ではパソコンを多用して曲を作る若いミュージシャンも多くおり、パソコンで沢山の楽器の音を再現して実際に聴きながら曲を作り、同時にデータや楽譜としても残すことができるのでパソコンやデジタル機器を駆使した曲作りはこれからプロの間でも一層の発展を遂げると考えられています。
一部の楽器が得意な人にしかできなかった音楽を作るという事を、身近なことにしたデジタル技術は作曲の眠っていた才能をこれから沢山発掘することになるかもしれません。

おすすめWEBサイト 5選

メンズブランドのアウター販売

http://www.rakuten.co.jp/ocres/

レストランウエディング 名古屋

http://www.dubonnet.jp/

おしゃれウィッグ

http://arouge.jp/

激安の靴通販サイト

http://www.guitar-sheep.com/

台湾茶 烏龍茶

http://www.rakuten.co.jp/aceteahouse/